道楽亭イベント情報

新宿2丁目 道楽亭の公演予定・内容をお届けします

「浪曲とパンソリ」~玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ番外編~

2017-05-10
道楽亭出張寄席
 【DOURAKUTEI出張寄席】
~~チケット好評発売中!イープラスでも販売しています~~



2017/7/8チラシ_オモテ 2017/7/8チラシ_ウラ

【DOURAKUTEI出張寄席】
「玉川奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ」番外編


日本の語り芸最新モデル浪曲
韓国を代表する語り芸パンソリ

かたや三味線、かたや太鼓。
音を相手に物語を語る、姉妹のような二つの芸。
列島の浪曲、半島のパンソリ、
地べたに立って、低きところから声をあげ、物語を歌い語る「声」たち。

浪曲:玉川奈々福 
曲師:沢村豊子
パンソリ: 安聖民(アン ソンミン) 
鼓手:李昌燮(リ チャンソプ)
道案内人:姜信子(きょうのぶこ/カン シンジャ)

【浪曲】
もともと「浪花節」と呼ばれた、明治時代初期に成立した語り芸。
鎌倉時代の平家琵琶、室町時代の謡曲、江戸時代の浄瑠璃(義太夫節)に続く、
日本四大叙事曲の一つ。三下りに調弦された三味線とともに、物語を節と啖呵(台詞)で演じる。
その母胎は説経節、デロレン祭文、阿呆陀羅経などの大道芸で、その先祖は
宗教音楽時代の説教、祭文である。大正時代から徐々に、「浪曲」と呼ばれるようになった。


【パンソリ】
一人の唱者(チャンヂャ)が太鼓の伴奏・鼓手(コス)に合わせて歌とせりふ、身振りで物語を語っていく伝統芸能。
18世紀末に原型ができた頃には祭りや市の日に村の広場で、パンノルムと呼ばれる大道芸の一つとして
演じられるものだった。その後、支配層である両班(ヤンバン)が自宅の庭や座敷に唱者を招くようになり、
室内でも演じられるようになり、語りの内容もその嗜好に合わせ、漢詩や故事成語などが多く引用されるようになった。


●2017年7月8日(土)
●19:30開演(19:00開場)
●木戸銭:前売3000円・当日3500円 ※全席自由
●場所:日本橋社会教育会館ホール≪地図≫
  ・都営浅草線「人形町」駅 A6出口徒歩4分
  ・東京メトロ日比谷線「人形町」駅 A2出口徒歩4分
  ・東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅 8番出口徒歩5分



【チケットの購入方法】
一般発売:5月18日(木)10:00~

①e+(イープラス) http://eplus.jp(PC・携帯共通)
ファミリーマート店内ファミポート
プレイガイドの購入方法に従い、お求めください。

浪曲とパンソリ~奈々福がたずねる語り芸パースペクティブ番外編~



②「道楽亭出張寄席」専用予約フォーム  
【道楽亭出張寄席 専用予約フォーム】にて必要事項をご記入ください。

予約フォームはこちら
ばなー




③道楽亭へ直接メール 
info@dourakutei.com
へ直接メールでもお求めいただけます。メールでのお申し込みの際は必ず
 【公演日・公演名】
 【ご希望枚数】
 【お名前】
 【メールアドレス】
 【電話番号】
 【チケット郵送先の住所】
をご記入ください。


②③でチケットをお申込みの方には、1~3日後にご予約確認メールが届きます。
ご案内に従い、所定の口座にチケット料金をお振り込みください。
後日チケットを送付いたします。
(振込手数料はご本人負担となります)

※携帯電話の場合、@dourakutei.comからのメールを受信できるように
設定をお願いします。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL_arrange

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © dourakutei All Rights Reserved.